本やブログ読んで「人生感変わりました」とか言っちゃう奴www\(^o^)/

   

どもども、文化人が活きる社会を作るhayashiです。

前回の記事を深く掘っていくよ。

 

「やります!」と言ったけどできない人の特徴とは?\(^o^)/

そもそも生きてきた人生に主体性が無い

このブログでのメッセージでもある「生きる」のではなく「活きる」は、
周りの環境に生かされ依存している状態を脱することです。

ですがここでポイント、依存している状況と言うのは言葉を返せば、

主体性を持たずとも今まで生きてこれた、主体性を持つ必要がなかった訳です。

「人生観変わりました!」

の言葉から来る環境認識としまして、

なんだかんだワガママも言いながらも、生きて行ける安心感

と言うぬるま湯にドップリ浸かっている、そんな人じゃないと出てこない発言と言う訳です。

この最善策は上記の記事で書きましたので割愛させてもらいますが、

自ら変わろうとするのではなく、ただ何でもいいから現状打破さえできればいいんだ!と言う願望が根底にあります。

 

主体性を持たないと言うことは、自分の人生の主導権を放棄する事と一緒

 

あたかも目の前にヒーローが現れてですね、この人に付いて行けばきっと全てが良くなる、助けてくれるに違いない、という錯覚(?)が起きるんでしょうかね。

アホじゃん、と思いますがね。

赤の他人に手を差し出すマザーテレサみたいな人がさ、そんな都合良く目の前に現れるかよボケ。

逆に考えろ、そんな一冊の本やブログでコロンコロンと一転二転しちゃうような安い人生を生きてきたんだろうが

そんな受け身人生で知らない人に付いて行ってさ、

いったいどんだけお金をむしり取られるねん。

と、言いたい。

主体性を犠牲に馴れ合う魔法の言葉、「〇〇のために」

 

組織のために感情的になれる人って今までどんな訓練受けてきたの?

僕はサッカーというチームスポーツをやってたんですが、チームが勝つか負けるかより、自分が楽しいかどうかが重要だったので、「負けて悔しい」みたいな感情はありませんでした。自分が良いプレーができなかったら少し残念だけど、自分さえ活躍できてたらチームが負けても全然満足。

だけど、負けて涼しい顔してたら「お前は反省してないのか!」とか言われて走らされたりするので、とりあえず悔しがるフリをするわけです。

いやもうね、何でみんな本気で地団駄とか踏めるのか不思議で仕方なかったですよ。なぜそこまで情熱的になれるのか。

(引用記載元:RYUKEN OFFICIAL BLOG より)

苦労を共有するって時に強い絆も作りますけどね、でも全部が全部じゃない、何より望まない努力をするならなおさらなんですよね。

私も似た様な経験ありましてね、

学生時代に吹奏楽部で打楽器奏者やってたんですけどね、コンクールとかで皆が泣く理由が理解できんかったんですよ。

全員で夜遅くまで練習した努力が報われなかったから?

だから泣いてんのかなと?

他のみんなは苦労や努力と言った経験を共有した、と言う事実に固執しているから泣くんやな?

と言う想像ぐらいしか今でもできませんがw

打楽器パートは一人練習が多かったので気楽にやってましたよ、

この課題曲のこのフレーズはホンマ好きやわーww」的な感じで\(^o^)/

んで学生最後のコンクールにて、他パートの人に泣き顔で言われましたもんね

「hayashi君もあんなに練習してたのに、なんで(結果が)銀なんよおおぉぉ…」

って突然話振られてきちゃって、もう正直ビビって無言でメッチャ頷いてた。

銀賞の訳は・・・そら理由としてあるんやろ、しらんけど?

でも本番までの過程は関係無いから現実やん?正当な評価やん?

そりゃドラムやパーカッションは好きでやってたけど、感情的になるよりもっと考えることあるんじゃね?

と、いう感じで淡々としていましたねーナツカシイ\(^o^)/

そんな私が周りからはどう見られていたか知りもしませんが、やっぱり「フリ」はしていましたね、そこは空気読んでw

泣いて喚いて結果が変わるかっつーの、人生の無駄使いやん。

人間は種の保存のために集団行動する様にインプットされているけど、イレギュラーもいるよ。

 

理科の実験で習いませんでしたか?

有性生殖と無性生殖ありますよーって、微生物たちと違って人間は有性生殖じゃないですか。

私の記憶が定かであれば、有性生殖が採用されたのは種を絶滅させないためなんですよ。

例えば夜型の人間ね、彼らは寝ずの番をしていたDNAがあるから夜に強い、何故ならそうしないと生きて行けない狩猟時代があったからです。

当然、今の時代なら猛獣に襲われて一家絶滅なんて心配は無いかもしれない。

でも世界中の人間が無性生殖で繁栄していたら自然災害とかでアッサリ絶滅しちゃうだろうし、

恐らく70億の違う考え方をもつ個体差も生じ得なかっただろうなと。

だから、誰かと違うとか、みんなと違うって、当たり前なはずなんですよ、DNAがそれを証明しています。
そもそも有性生殖は考え方が多彩化してこそなのに、それを間違いとして正そうとかする教育はマジで意味不だよなーと私は思う。

主体性を強く持つというのは、もしかしたらイレギュラーな存在なのかもしれないですね。

でもだからって何も心配は無いなぁと私は思います、

そう言う人間なんだー、と認識さえしてくれれば、楽に生きられて良いですよ。

だから堂々としていましょう、そのためにも自分で必死に脳や体を使って「活きて」やりましょうよ、自分自身の人生のためにも。

 

それでは\(^o^)/

 - 深良い話www, 雑記