「やります!」と言ったけどできない人の特徴とは?\(^o^)/

   

どもども、文化人が活きる社会を作るhayashiです。

とても内心にグッとくる動画を見たので語ろうと思うよ。

口先なら誰だって言えるんやで\(^o^)/

良いと思いました!やってみたいと思います!
宣言をすると人はそれなりに動きますが、実際に動く人間は圧倒的に少ないです。

私もしょっちゅうあります、良いとは思っていたのですが、やったら良いに決まっているのに、なぜかやらない、やる気が出ない。

動画を見た私はふと思いました。

やる奴は宣言なんぞしなくても勝手にやるという事実\(^o^)/

宣言する、例えば「出来なきゃ焼肉奢る!」と誰かに言う、そういうお金をかけるケースで挑戦や何かを継続させる、誰かに宣言したと言う事実で自分に責任を負わせる。

誰もがよくやる「セルフケツバーニング法」ですね、何回か奢った羽目にもなりましたが、人間自然とお金を払ったら身に染みるものがあるんですね。

でもやっぱり、それでも限界は来ます,
悪魔がくるんです。

「私の本当にやりたい事はこれで良いのか?」と言う無意味な問い。

ハッキリ言いますが最初から答えなんかないです、実行に移して実現させてから、それが良かったのか悪かったのかがわかります。

つまりあなたを自堕落にさせるためだけの悪魔の囁きです。
いづれ来ます、嫌でもそのタイミングは、ならどうするか?

聞いて「良いなぁ、明日やろう」でなくて、「今すぐやりたくて仕方がない」パターンが望ましい。

上記の通りなんですけど、そのパターンってそうそうないんです。

利益に直結するもの、もしくは
目に見えて損が無くなる改善案。

この二つしか無い。

つまり損得感情の延長線上ですね、人間は基本めんどくさがりやで使命感とか無い限り無理っすよ、損得感情で一番素直に動く生き物なんですよ。

となると、自分にとっての損得だけで考えれば良い訳ですよ。
じゃあ、心の底から自分にとってやらなきゃと思える、wontじゃなくてmustになるには?

「これをする事で私の人生において何が得で利益となるの?」

利益というのはお金以外にも信用や楽しめる趣味とか、何でもよいです。

他人に説明出来るまで文章に落とし込んで、そのメモをスクショして待ち受けとかにしてしまいましょう。

やります宣言マンよりも、やってきました報告マンになれ

口だけの奴って、やっぱり信用無くしていくんですよね、だったら黙ってやってた方が良い、

出来てから相手に伝えれば良いのです。

「感動しました!大切だと思いました!」云々ではなくて、

「早速やってきたけどこうなったよ!次どうしたら良い!?」

と言われる方が相手も一番嬉しいはずです。

例えそれがボロボロの未完成品だとしても、周りはやらない人間ばかりなので凄く立派な事実なんですよ、そこにあなたの拘りや誠実関係なく、

とにかく実行に移してこれからも改善していけると言うアピールが出来た人間って、周りも期待するし応援したくなるんですよ、

その時に自分の熱いメッセージを発信する。

大事なのは行動してボロボロでも結果を出した事です。

ボロボロで恥ずかしいとか思う必要は皆無です、だって結果を隠しちゃったら一緒じゃないじゃないですか、周りの口先信用失い野郎と、

つまり形にできたという事実こそが大事なのです。

そしてその事実があるからこそ、本当に誰かが手を差し伸べてくれたり、問題が解決して次のステップへ行けるわけです。

日本人って、恥を特に嫌う人種なので難しいかもですけど、それでも確実に恥を考えずに結果をシェアした方が自分のためにも良い効果ですよ。

できる奴はいづれ出来ます、やらない奴は永遠出来ません。

これはどんな時代だろうと環境だろうと変わらないんですね。

一つの妙案かもですけどね、こうしたら良さげじゃね?と思います。

口先宣言セミナーの時間でなくて、
48時間後に何かしら成果を出す為の現実的なプランを立てて参加して後日報告する。

とかね。

ほなまた\(^o^)/

 

 - 雑記, 頭使った結果www