起業したいしたい病のあなたへ

      2017/03/14

感情が発生して人が集まって、そこからビジネスが発生する。

 
今よく炎上している人がいますが、芸能人が常に逆風を浴び続けるのは、その人の計算のもとであって、
まさに「逆風を使って帆を張り船を前進させる」と発言された、現実通りの炎上商法だと思います。

稼げないとカモになる世界、それが資本主義経済であり起業家の世界です、
今日はそのあたりの厳しい世界で、ひそかに起業したいと思っている起業予備軍の方に一報です。

まずあなたは何がしたいの?

あなたは今なにか本職として仕事をしながら、陰で副業として起業したいとお考えでしょう。

起業すると、将来の自分がどんなイメージになるかをお持ちでしょうか?
起業したからには稼がねばなりません、それも1、いや「0」からです。

「そんなことはわかっている」と、あなたは思うでしょう。
では今本職でやっているお仕事を、自分だけで0から作り上げ、再現できますか?と

普通はできませんよね?何故?

あなたは社会の小さい一つの会社の、さらに小さな歯車でしかなく、会社全体を構成して作り上げたりする能力がないからです。

ですから「無い」と言い切れます、なぜなら必要としない環境で育って来たからです。

あなたが会社でバリバリの企画部長で、毎日のようにセールスレターやビジネスプランを考えている人ならまだわかります。

人を動かせる文章やビジネスプランを寝ても覚めても悩んで考えて、幾度なく失敗を繰り返し、それから結果を出す、利益につながる。

その経験こそが、それだけが起業に必要な「脳」力だと思います。

でも今のあなたには何がありますか?上司の命令通りに動く人間なら五万といます、つまりあなたは代用可能な歯車ですよ。

私ならそんな人に、何かサービスを注文したり、コンテンツに課金したりしません。だってそんな似たような人間いくらでもいますもん。

あなたが起業によって、社会の何を変えたいのか、人の欲を解消したいのかは存じませんが、これだけは言えます。

仮にあなたが起業して、本当に自由とお金が手に入ったとして、

1.あなたが裕福になることで誰の役に立ちますか?
2.社会にどのような変化を生みますか?
3.人類の未来にどう影響するのですか?

この3つの質問を埋めてみてください、おそらく不可能です。

自分の私利私欲の事しか考えていない人間に、起業家はできない。
そんなやつを信用して課金するバカは世にいない、絶対にです。

課金させるのって、そんな簡単なものではないです。
購入者の感情を揺さぶらなければなりません。

「このコンテンツに課金すれば私の悩みが解消する」
「このサービスを使えばより仕事効率が上がり利益につながる」

その、「いいかも!」の、「課金してみよう」のハードルを越えさせるのは簡単ではないのです。

ターゲットとしたその業界のどんな人に適したサービスなのか
他社との競合差別化はどのようにするのか
信用を作る、ブランドを形成するにはどんな・・・?

あげだすときりがないです。

ただ、その業界について絶対的な興味関心がなければ、差別化を生み出せず、競合には勝てないでしょう。

あなたの人生において、解消したい不満が、死ぬまでに、人生かけてでもやりたいことってありますか?


それがあなたにおいての揺ぎ無い信念、ミッションですよ。

スタートアップする起業家は“今までに無いイノベーションを起こし世の中を変える事”を目的としていることが多いそうです。

もしあなたが何か思うところがあるのであれば、とりあえずその業界でボランティアをやってみるのです。

ボランティアだから無料です、お金になりません、しかし経験は着実に積めます。

その経験を果たして、あなたの経験を誰のどのような価値に変えることができるのか?

それにつきます、とりあえず行動するのです。

空想ではなくて、現実に体と頭を使って動くのです。

肌で感じてください、目で確かめてください、あなたが本当にやりたいと思ったことを。

ただ自由になりたいだけの起業家志望は大損です、自由になりたいだけならお金だけを稼ぐ勉強をしたほうがマシです。

もしそれもだめだと思うのなら、高給のアルバイトを短時間でこなして寝てたほうがもっとマシです。

あなたの本当にやりたいことは、あなた自身が触れて確かめてください。

そして確かめるには必ずコストゼロでできる方法を繰り返し検証するのです。

発信して続けてください、他人を動かせるまで。

感情が動けば人が集まり、そこからビジネスの糸口が見えてきます。

あなたがどこまでできるかわかりません、もしかしたらよいと思っていたことが
意外とそうでないと、再発見したりするかもしれません。

でもそれはやってみないと、やってみてはじめてわかることだらけだと思います。

自分の畑をもっともっと誰よりも耕すのです、正直周りから見れば泥臭い人間です。

他人が引くぐらいやらないと見えてきません、それでもやりたいと思えるのなら。

そこであなたは本当の起業家としての生き方を理解できるのではないでしょうか?

 

 

最後に

ちょっとぬるま湯につま先だけ突っ込んで満足している輩が多すぎるので、厳しく書いちゃいました\(^o^)/

ビジネスしたい人はまず、保身を考えなくなるほど重要な目標を見つける所から始めてみましょう、そこから誰かに問いかけてアクション起こしてが一歩目です。

頭でウンウンうなっても、なーんにも解決できやしません。

現場に行きましょう、以上です!

ほなまた\(^o^)/

 - ビジネス, 深良い話www