日本の音楽とその発展した結果www\(^o^)/

      2017/03/14

 

どもども、hayashiです。

えらい寒くなってきました、健康には気をつけましょう。

ほないくでー(^q^)
日本の音楽ってどこに向かうねん。

音楽「だけ」で食べていく仕事をえらぶとこうなる\(^o^)/

↑この記事でもチラッと書いたんやけど、これからの日本の音楽は面白い事になってくると思うで。

日本の音楽は芸術文化から娯楽文化へ。

今の世界は資本主義経済で回ってます、言わば「稼げたら正義」的な、過酷な競争に置いて稼げないコンテンツ(バンドやミュージシャン)は淘汰されていく時代です。

勘違いなさらぬよう、資本主義には賛同である、競争がなければ人類は発展しないだろう。
ただし音楽において、その淘汰される内容が何処か「残念」なのだ。

聴覚より視覚、アイドルミュージシャンやネットアイドル現象。

お客さんは音楽を聴きたいんじゃない、舞台で成長して行くその子を我が子のように応援して感動したいのだ、とでも言おうか。
つまり音楽では無く、人間にスポットが当てられているのだ。

「音を楽しむ音楽」の規模は小さくなる、狭い日本市場では視覚的魅力が無ければビジネスとして成立しなくなってくると思う、いや確実になる。

演奏スキル<人としての魅力

y◯utubeなど動画サイトで「あの超有名人な〇〇がなんと!楽器演奏披露?!」とか、よくあるTVを無断転載した動画なんだが
「可愛い!」とか「カッコイイ!」がずらっと並んだコメント欄にですな、100コメに一つぐらいか、

 

いるんですよ。

「音楽を馬鹿にしてんじゃねーよ!◯ね!!」

まぁ、俗に言うアンチですね。
気持ちは分かるけど落ち着け、ぶっ◯しちゃだめです。

例えば、どんだけアイドルつったって年齢的に限界あるやろ?

TV業界は甘く無い、第二第三の手を打っておかねば、仕事として頭打ちは明白。例え本人の意思であろうとなかろうと、生き抜く為の手段である。

それにボーカルや演奏がそこまで下手くそだろうか?いや、そうは聞こえない。
ただ本来、鍛練で会得するような演奏やボーカルスキルは、今の設備や技術で何とでもなるし、中には口パクで有名な人だっている、今後も技術の進歩でスキルの必要性は少なくなるだろう。

別に彼ら彼女らが悪い訳ではない、狭い日本市場の資本主義経済ではそうならざるおえないのだ、稼がねばいづれ淘汰される存在やと。
スキル有る無し関係無くて、見栄え良ければ実戦投入されて、這い上がって来る奴だけが生き残る。
(敗れた人の行く末は・・・自分で調べてくれ)

世は正に、人間大量消費時代である。

この独特な日本音楽を、世界は「ガラパゴスミュージック」と呼んでいる。
音楽を芸術文化としてではなく、娯楽文化としての発展は、決して衰退や停滞ではない、資本主義の競争による選別で新たな良コンテンツとして世に現れるのである。

「音楽は音を楽しんでこそだろう」と思う私には、虚しい時代の流れなんだがな。


音を追求したい芸術文化派はどうすれば良いか。

 

プロミュージシャンなどの仕事が完全に無くなるわけではない、だが既に仕事は増えず人だけが増える現在、影の存在の彼ら彼女らの競争は激化する一方のはずだ。

結論を言おう、どうしても自分の音楽をやりたければ海外でやるべきだ。

日本では今後需要が無いのだ、より「ガラパゴス化」していく現実に選択肢はないと思う。

現実に様々なバンドやミュージシャンが、海外で評価・賞賛されている。

完全に時代の流れである、需要がある所へ人は流れて行き、様々な国で活動している日本人がすでに沢山いるのだ。

聴覚的にも視覚的にも等しく評価されてから、より広い市場で初めて正しい競争が起きるのだ。

「日本でウケない音楽ジャンルならわざわざ日本でやる必要は無いよね」

海外でやる音楽こそ厳しい世界だけど、音楽をまるで聴いてない日本で売れずに淘汰されるなんてもってのほかだ。」

という訳だ。

海外から帰ってきて活躍するバンド、ミュージシャン達

世界で有名になってから日本に帰るパターンもある。

「おいおい、日本に帰ってもウケないから海外でやってんだろ?」

安心してほしい、海外で活躍してきたバンドはこう見られるのだ。

「世界ツアーしてきたバンド!?何それ凄いじゃん」

動画見てみよう

「英語ペラペラじゃーん、カッコイイ!」

じゃあライブで見てみよう

「ライブちょーかっこ良かったね〜、次もまた来たいね!」

また見たいね

誰も音なんて聞いちゃいないんだよねー!アッハッハッハwww

クソッタレが

これからの日本音楽

売れる音楽は造れるし、やりたい熱意のある人間は山ほどいる。
競争にかけて稼げる奴だけを選別する、以後その繰り返し。

勿論、その中には本気でプロミュージシャンとして取り組むバンドもいるだろう、いづれは淘汰されるかもしれんが。

このまま資本主義に乗っ取って娯楽文化として発展させるのは、果たして今後の音楽が、どの様な変貌を遂げるのか、実に興味深い。

VR技術によるさらなる視覚化、娯楽化

そうなった暁には、もう人間でわざわざやる必要はないんじゃないかな?

素晴らしい容姿・作り込まれたキャッチーな音楽、そして感動ストーリー

さえあれば、お客さんの欲は満たせて経済が回る。

本当にVR映像で良いんじゃないかな?人件費掛からんし光熱費安いしね(^q^)

ニコ◯コ動画でV◯CAL◯IDとかV◯ICEL◯IDや見てたら、そんな未来も決して夢物語で無い気がしてならない。

資本主義に捻じ曲がる音楽の行く末は?

私は楽しみで仕方がないのだ。

ほなまたね〜

 - 音楽関係, 頭使った結果www